【裸で抗議】オーストラリア

国際動物愛護団体を支持する女性モデルが、全身に入れ墨模様を施した裸体で、毛皮は動物たちが着るべきものだと主張した。

女性モデルは、買い物客らに毛皮を買わないよう呼び掛け、毛皮産業の残酷さを訴えた。




オーストラリア・シドニーの繁華街で、入れ墨模様の裸体を「ミンクではなくインクを」と書かれたプラカードで隠し、毛皮反対を訴える国際動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会を支持するモデル。

本ブログの写真等の画像及び文章の著作権はAFPBB News及びChumSalmonに帰属します。
また、転載・複製・配布の一切を禁止します。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック