テーマ:釧路湿原

エゾシカ

エゾシカが凄いんです。 湿原方面には、エゾシカがたくさん居ます。 道路も堂々と渡ります。 冬は、食べ物が少ないため木の皮も食べてしまいます。 一番の好物は道路脇の草です。 それでは、エゾシカをご覧下さい。 ☆フリー百科事典「ウィキペディア」☆【エゾシカ】はこちらから → http://http://ja.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿原の生きものたち(第5回)

シリーズ第4弾。湿原の生きものたち。 本日は5回目として、冬の釧路湿原のハンノキをお送りします。 ▽ハンノキ(榛の木)カバノキ科 ハンノキ属 Alnus japonica ハンノキは、湿原や沼沢地のような過湿地においても森林を形成する数少ない樹木であり、日本全国はもとより朝鮮半島、中国北部に分布している。 樹皮は暗灰褐色で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国鉄C11形蒸気機関車(第2回)

シリーズ第?弾、蒸気機関車。 本日は、2回目をお送りします。 既に、ご承知のとおり、来週と迫って参りました「SL冬の湿原号」。 1月24日(土)11持09分が、待ち遠しいじゃあ~りませんか。 SL冬の湿原号は、こちら。 シリーズ、蒸気機関車。1回目は、こちら。 ▽国鉄C11形蒸気機関車 日本国有鉄道(国鉄)の前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園の生きものたち(第2回)

シリーズ第6弾、公園の生きものたち。 本日は2回目、ゴジュウカラをお送りします。 ▽ゴジュウカラ(五十雀 Nuthatch)スズメ目 ゴジュウカラ科 Sitta europaea 全長14cm程度の小形の鳥。背面は灰青色、腹面は白、下腹部がオレンジ色を帯びており、目を通る黒条がある。尾は短く、頑丈な短い足には長めの指とつめがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園の生きものたち(第1回)

道東地方は吹雪いていますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 シリーズ第6弾、公園の生きものたち。 本日は1回目、ハシブトガラをお送りします。 ▽ハシブトガラ(嘴太雀 Marsh Tit)スズメ目 シジュウカラ科 Parus palustris 全長12センチの小形種で、背面は灰褐色、腹面は白く、頭頂とのどは黒く頬(ほお)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンチョウ(第4回)

シリーズ第5弾、タンチョウ。 本日は、4回目をお送りします。 タンチョウが飛んでいるときの様子です。何とか、収まっています。 ▽タンチョウ(丹頂 JapaneaeCrane)ツル目 ツル科 Grus japonensis 2008/12/29 鶴居村 Canon EOS Kiss Digital X EF100-40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿原の生きものたち(4回目)

シリーズ第4弾。湿原の生きものたち。 本日は4回目として、道東の湿原の鳥、タンチョウをお送りします。 この日は、まだ、雪がありました。現在は、ほとんどありません。 ▽給餌場の様子「インターネット自然研究所」 http://www.sizenken.biodic.go.jp/pc/live/html/index.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿原の生きものたち(3回目)

シリーズ第4弾。湿原の生きものたち。 本日は3回目として、道東の湿原の鳥と植物をお送りします。 他のシリーズ(野付半島の生き物たち、湖の生き物たち・・・)も、随時、更新しますので、乞う、ご期待。 ▽タンチョウ(丹頂 JapaneaeCrane)ツル目 ツル科 Grus japonensis 雪が積もり釧路湿原で餌が採れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国鉄C11形蒸気機関車

シリーズ。蒸気機関車 本日は第1弾として、「SL冬の湿原号」をお送りします。 (第2弾が、あるか?。わかりません。 国鉄C11形蒸気機関車 2008/03/08 Canon EOS Kiss Digital X EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM 【露出時間】1/500【F値】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more